Sketch to App StoreのiPad Pro書き出しサイズを調整する

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

iOSアプリのスクリーンショットを用意するのにSketchとSketchToAppStoreを使っている。
https://github.com/LaunchKit/SketchToAppStore

SketchToAppStoreを使うとSketchで以下のようにスクリーンショットに背景や文字を足して各デバイスサイズで書き出せる。
sketchtoappstore

いつからかiTunes ConnectにiPad Proの画像を登録するようになり、SketchToAppStoreにもiPad Proの書き出しが追加されたが、書き出しサイズの設定が間違っている。
https://github.com/LaunchKit/SketchToAppStore/issues/26

おそらくiPadのものをそのまま拡大して使おうとしているがiPad Proのスクリーンショットのサイズは縦横比が違うので間違ったサイズで書き出しされている。

これを直したものを他の人が公開している。
https://github.com/aniknafs/SketchToAppStore

これを使いたいが、すべてやり直しになるので、自分でiPad Pro用Export設定を追加した。

方法は以下、
「DON’T EDIT – Screenshots with iPads」ページ内で「iPad Device 1」〜「iPad Device 5」をそれぞれDuplicateした後、ひとまず名前を「iPad Pro Device 1」などに変更、サイズを2048×2732へ変更、中身のサイズや位置を調整、右下の「Export」から1xのものを削除して2048wのSuffixを空にする。
「iPad Device 1」〜「iPad Device 5」の「Export」にあるiPad pro用のものを削除する。

Export時に追加したものにチェックが入っていなかったらチェックする。

また、他のハマりポイントとして
「Replace with your text」でテキストを選択すると右のメニューに「Overrides」が表示されここでテキストを編集できるように見えるがここにテキストを入れても書き出したときに反映されない。なので「Overrides」は使わずにテキストを編集しないとだめ。